中古住宅のチェックポイント:カテゴリー

中古住宅購入! マンションの専有部分と共用部分を確かめよう!

中古住宅購入を検討していて、一戸建て住宅ではなくマンションを選択した場合には、集合住宅特有の決まりがあります。 その為、それらの事柄について知っておく必要があるでしょう。 集合住宅(マンション等)には、たくさんの方々が住んでいます。 その為、共同で利用出来る『共用部分』と、個人の所有物として利用出来る自室等の『専有部分』があります。 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、勝手に修繕をしてはいけな...

中古住宅を購入する時の重要事項説明書と売買契約書とは?

中古住宅購入が決定し、価格交渉も無事終了したら、愈々売買契約です! 一般的には、売買契約書を不動産業者が多くは作成してくれます。 売買契約を結ぶ前には、買主に必ず重要思考説明書が交付される様義務付けされています。 これは、大きな買い物(不動産)をする訳ですから、後々トラブル等が起らない様に、買主に対して宅地建物取引主任者が重要事項を説明する事になっているのです。 この重要事項の説明が終了したら、記...

中古住宅購入の際の道路制限とは?

皆さん、ご存知でしたでしょうか? 住宅は、道路に接していないと建てる事が出来ないのです。 この理由としては、建物が道路に接していない場合、通行の妨げになるという事や、地震・家事等の災害時に通路を塞いでしまうからなのです。 その為、道路に建物の敷地が2m以上接していないとならないという『接道義務』が決められているのです。 ・・・という事は、4m以上の幅がある道路が必要となります。 都道府県道や国道の...

中古住宅を購入する場合のチェック点!容積率と建蔽率

皆さんは知っていたでしょうか? 例え、土地があるからと言っても、勝手にその土地に自由な大きさの家を建てる事は、法律上禁止されているのです。 不動産の広告には、容積率や建蔽率という用語が必ず記載されています。 この容積率や建蔽率は、土地利用の制限に掛かる重要な用語となりますので、しっかりと覚えておきましょう。 ちなみに容積率や建蔽率が法律違反していると、住宅ローンを組み事が出来ない場合もあります。 ...

中古住宅購入で確認する点とは?(マンション編)

一般的に中古住宅と言えば、マンションと一戸建て住宅の事を言います。 こちらでは、中古マンション購入に当たり、その物件を選ぶ時に知っておくと便利な確認する点を紹介させて頂きます。 【大規模修繕と修繕積立金について】 マンションは、修繕が定期的に必要となります。 大規模修繕を行うのは一般的に、10~15年位に1度行う事が必要となっています。 その為、居住者は修繕を行う際に必要とされる費用を、予め積立金...

中古住宅購入前の色々なチェックするポイントとは?【Part3】

当たり前の事なのですが、中古住宅とは人が居住していた物件です。 その為購入を決断する前には、何度も必要と思われる箇所をチェックし、自分なりに納得のいく物件購入を実現させましょう! では、一体どの様な点を色々と注意して調べるべきなのかを考えてみましょう! 1.充分な駐車スペースがあるか? 一戸建て住宅であっても、車庫が無い物件もあります。 家族で車・バイク・自転車等を所有している場合には、それらを置...

中古住宅購入前の色々なチェックするポイントとは?【Part2】

建売住宅(新築・中古限らず)等を購入する場合には、色々とチェックするポイントを知っておく必要があります。 良い物件を選ぶには、確認を怠る事が無い様に心掛けて下さいね。 では、一体どの様な点を色々と注意して調べるべきなのかを考えてみましょう! 1.通風や採光の良さを確認しよう! 部屋の中に、風が通るかという事や日射しが入るか等を確認して下さい。 風通しについては、住宅がカビ等の原因になります。 その...

中古住宅購入前の色々なチェックするポイントとは?【Part1】

新築住宅を購入するのと比べると、中古住宅を購入する場合には色々と調べなければならない点があります。 では、一体どの様な点を色々と注意して調べるべきなのかを考えてみましょう! 1.違法な建築物ではないのか? 中古住宅の場合、リフォームで建て増しし、違法な物件である可能性があります。 物件見学を刷る場合には、その点をチェックする必要があります。 法に反してない物件であれば、『検査証』の交付がされていま...


Page: 1
TOPPAGE  TOP