これだけは知っておこう:カテゴリー

中古住宅購入 市街化区域と市街化調整区域の違いとは?

皆さんはご存知でしたでしょうか? わが国日本では、好きな建物をどの土地であっても勝手に建設する事が出来ないのです。 これは、都市計画法という物のよって、その様な建物がどの区域に建設出来るのかを決めているからです。 日本の土地は、2つに区域に分けられています。 それは、都市計画区域と都市計画区域外です。 では、この2つの区域について説明させて頂きます。 【都市計画区域】 こちら、一定の都市をして、整...

中古住宅を購入する時の住宅ローンに関わる諸経費とは?

住宅購入には、新築・中古関係なく高額なものを購入するために、やはり住宅ローン利用は欠かす事が出来ません。 大きなローン金額なのですが、住宅ローンを借りる為には諸経費も必要となります。 では、どの様な諸経費があるのでしょうか? こちらで、その諸経費について少し纏めてしましたので、参考にしてみて下さいね。 【保証料】 これは何の保証料なのかと思うでしょう。 こちらは例えば何らかの理由で、本来支払わなけ...

住宅ローン 繰り上げ返済の良い点と悪い点

新築・中古に限らず、住宅を購入する際には殆どの方が住宅ローンを利用されるかと思います。 しかし、その返済が家計に大きく影響を及ぼしてしまうのです。 住宅ローンにだけではありませんが、返済額の内返済期間の初めの方が多くの利息金額となってしまい、返済期間が終わりに近付くと利息は少なくなっていきます。 その為、返済期間の早い時に繰り上げ返済を行う事で、元金+利息の負担額を大きく減少させる事が出来るのです...

住宅ローンを借りる場合の注意事項とは?【Part2】

住宅ローンを借りる場合、借りる本人にも条件があるのですが、物件に関しても条件があります。 その為、購入しようと思っている中古住宅が、ローン適用内なのかを充分申込みする前に確認しておく必要があるでしょう。 折角、購入しようと色々な物件を検討しても、ローンの審査すら通らない場合もあります。 また、新築住宅購入よりも中古住宅購入の時には、厳しい条件の時もありますので、注意する必要があります。 こちらでは...

住宅ローンを借りる場合の注意事項とは?【Part1】

住宅ローンは、審査がある事を皆さんはご存知かと思います。 しかし、その様な物件であっても審査が通る訳ではないのです。 例え、中古住宅自体に問題がなくても、購入しようとしている借手側に問題があれば、残念ながら審査は通らない場合もあります。 では、一体どの様な事に気を付けたら良いのでしょうか? こちらでは、借手側に対する注意事項を紹介させて頂きますね。 【勤続年数と働き方】 住宅ローンを借りる為には、...

中古住宅の売主にもメリットがある既存住宅保証制度とは?

一般的に、新築住宅より中古住宅は安い価格で手に入れる事が出来るのが魅力です。 しかし、住宅欠陥や傷みが新築住宅と比べると心配な点もある事は事実です。 その為、既存住宅保証制度という制度が中古住宅にはあり、売買を安心に行う為に主要な部分の欠陥を引き渡し後5年間最長保証してくれるのです。 もしも、中古住宅を購入した後に分かった欠陥(床の傾斜・雨漏り等)があった場合には、大部分の補修費用が支払われます。...

中古住宅を購入した場合の欠陥住宅発覚!!その時の瑕疵担保責任とは?

人生の中で、最も大きな買い物を言えば、住宅購入ではないでしょうか? その様な思いで住宅を購入したにも関わらず、欠陥住宅が当たってしまう事があります。 その対処をする事が出来る制度として、『瑕疵担保責任』があります。 やはり高額な買い物をする中古住宅の購入ですから、皆さんも物件は充分時間を掛けて確認しているはずです。 しかしながら、通常の注意では見る事が出来ない、隠れた欠陥が有る場合はあるのです。 ...

中古住宅購入に必要とされている諸費用とは?

一般的に、新築住宅購入よりも中古住宅購入の場合には、安値で手に入れる事が出来ます。 しかし、やはり何千万円もの大きな買い物をする不動産購入です。 それに掛かる費用も、大きくまたなっていまいます。 では住宅購入するには、一体どの位の費用を準備する必要があるのでしょうか? こちらで、それら費用について少し纏めてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。 まず、住宅購入する際には、物件費用の他に税金や手...


Page: 1 < 2  次の5件>>
TOPPAGE  TOP