住宅ローンを借りる場合の注意事項とは?【Part1】

住宅ローンは、審査がある事を皆さんはご存知かと思います。

しかし、その様な物件であっても審査が通る訳ではないのです。

例え、中古住宅自体に問題がなくても、購入しようとしている借手側に問題があれば、残念ながら審査は通らない場合もあります。

では、一体どの様な事に気を付けたら良いのでしょうか?

こちらでは、借手側に対する注意事項を紹介させて頂きますね。

【勤続年数と働き方】

住宅ローンを借りる為には、正社員で3年以上の勤続年数が目安となっています。

この目安は、貸す側に対するローン返済の安全性を保つ為にあります。

では自営業者の方は借りる事が出来ないのでしょうか?

それは違います。

自営業者の方であっても、過去3年間の収入が目安となっています。

【所得】

住宅ローンを借りる為には、最低でも200~300万円位の年収が目安となっています。

しかし、年収がそれ以上必要になる場合もあります。

また、借りられる金額も収入額によって違ってきます。

【個人情報に関する事項】

皆さんはこの様な事を耳にした事はありませんか?

クレジットカードやキャッシングの支払いで滞納をしてしまい、ブラックリストに載ってしまうと言う事を・・・。

この様な滞納・延滞に関する情報は、記録として5年間残っているのです。

そうなってしまうと、残念ながら住宅ローンを借りる事が難しくなってしまいます。

その為、住宅ローンを申込みする場合には、この様な借入金残額を出来るだけ残さない事が大切です。

出来れば、車のローン等も支払っておきましょう。

【団体信用生命保険《団信》】

住宅ローンを申込みすると、一般的には団体信用生命保険《団信》の加入も要求されます。

もしも、借手が何かの理由で亡くなってしまった場合や、高度場外によって返済をする事が出来なくなってしまった場合にも、この保険金によってローン支払いが出来るのです。

そして、借手が亡くなり途方に暮れている家族にも、住宅ローン残金が亡くなり、住宅を残す事が出来るのです。

ちなみに『フラット35』では、この団信に必ずしも加入する必要はないのですが、もし加入出来る健康状態であれば、万が一に備えて申込む方が良いでしょうね。

大抵の方は、中古住宅を購入する為には、住宅ローンを利用するかと思います。

その為、住宅ローンを借りる為にも、自分自身の高い信用性が必要となるのです。


TOPPAGE  TOP