住宅ローンを借りる場合の注意事項とは?【Part2】

住宅ローンを借りる場合、借りる本人にも条件があるのですが、物件に関しても条件があります。

その為、購入しようと思っている中古住宅が、ローン適用内なのかを充分申込みする前に確認しておく必要があるでしょう。

折角、購入しようと色々な物件を検討しても、ローンの審査すら通らない場合もあります。

また、新築住宅購入よりも中古住宅購入の時には、厳しい条件の時もありますので、注意する必要があります。

こちらでは、住宅ローンについて少し話させて頂きます。

【銀行ローン】

こちらは物件に対しての条件が、特にありません。

公的住宅ローンの審査が例え通らなかった場合の物件でも、銀行の住宅ローンであれば利用出来る場合も・・・。

【フラット35】

共同住宅(マンション等)は、30㎡以上、一戸建て住宅は70㎡(床面積)以上で、上限はありません。

但し、住宅適合証明を取得出来る事が条件となっています。

【財形住宅融資】

中古住宅の場合には、マンション・一戸建て住宅の床面積が、40~280㎡以下が対象となります。

但し、リ・ユースプラス住宅は70~280㎡以下、リ・ユースプラスマンションは50~280㎡以下です。

そして、一戸建て住宅の物件は100㎡以上の敷地面積で、それ以外の物件は100㎡以上が一つの建物となっています。

また、建築基準法内の住宅構造や敷地等となっており、不動産関連法に基づく物件となります。

更に融資に関しては、適合証明が必要です。

ちなみに、中古住宅対象ローン内容は、優良中古住宅の『リ・ユースプラス住宅』、『リ・ユース住宅』、管理体制が優良と認められた『リ・ユースプラスマンション』、『リ・ユースマンション』があります。

そして、ローン借入れ最長期間については、リ・ユース住宅とリ・ユースマンションが25年。

ユースプラス住宅とリ・ユースプラスマンションは、35年です。


TOPPAGE  TOP