注意しよう!不動産(中古住宅)広告を見る時・・・(Part1)

多くの方は、中古住宅の購入を考えて物件を探す際には、インターネットや不動産業者の紹介を参考にしているかと思います。

また、新聞折込チラシ等の不動産広告を参考にする方も多いでしょうね。

中古住宅の購入に役立てる為、この広告を見る場合には注意点を知っておくと便利でしょう。

ちなみに不動産広告には、実際以上の大袈裟広告や正当・適当で無い表示を防ぐ為、表示に関する決まり事があります。

ではこちらで、広告表示事項を読む場合の注意点について考えていきましょう!

【広告主】

広告責任のある所在地を明らかにする為、広告主名称表示及び連絡先(電話番号)が必要です。

【物件取引態様】

広告主が売主又は代理なのか、もしくは仲介(媒介)なのかが表示されます。

【免許証番号】

免許証番号の表示が、宅建業法によって必要となっています。

都道府県内一つで営業している場合には、『都道府県知事免許』、都道府県二つ以上に跨って営業している場合には『国土交通大臣免許』の番号が明記されます。

【物件の所在地】

不動産所在地には、一般的な住所として利用される『住居表示』と、登記簿上の『地番』があります。

不動産売買では、登記簿上の地番も権利関係の確認等で登記簿が必要となりますので、広告表示される事が一般的です。

【物件の面積】

敷地は勿論ですが、他に私道負担が有る場合、別にその私道負担面積の表示も必要です。

例えば、『150㎡《私道含む》』という表示は正しいものではありません。

【価格】

チラシ(パンフレット以外)等は、最低価格・最高価格・最多価格帯という表示方法でも構いません。

但し、その他に関する負担金(ガス・水道施設等)や、マンションの場合には維持費と管理費、駐車料金等が必要な場合には、それらに関わる費用を表示する必要があります。


TOPPAGE  TOP