中古住宅購入前に色々ある住宅ローンの金利タイプを調べよう!

私達が生きて行く中で、最も大きな買い物と言えば、やはり住宅購入かと思います。

新築・中古に限らず、住宅を購入するには住宅ローンが必要不可欠でしょう。

また、今や住宅ローンは色々な金利タイプがあります。

では、一体どの様な金利タイプがあるのでしょうか?

こちらでは、中古住宅を購入する際に申込める住宅ローンについて纏めてみましたので、是非参考にして下さいね。

【固定金利選択型】

こちらのタイプは、最初の内は固定金利での支払いとなりますが、固定金利期間が終了した後には変動金利になります。

但し、再び固定金利への選択も可能です。

また、変更後の返済額は、前の返済額に対する増減の上限はありません。

【固定金利型】

こちらのタイプは、借入れ当初から支払い完了までの期間、ずっと金利の変更はありません。

ちなみに『フラット35』は、この固定金利型になります。

金利はやはり高めなのですが、契約後に金利変動が起り、例え高い金利へとなってしまった場合であっても、このタイプは金利が変更する事はありません。

そして何より、毎月の返済金額が一定で、金利も決まっていますので、資金計画が立て易くなります。

また、もし今後の金利が上がりそうな場合であっても、固定金利いしておく事で、住宅ローンの支払い金額が上がる事を防ぐ事も出来ます。

【変動金利型】

こちらのタイプは、借入れ期間中、金利見直しが半年毎され、適用金利によって決まります。

但し、確かに金利見直しは半年毎になっているのですが、返済額見直しは5年毎になります。

こちらは、金利変動によって返済額が上がる恐れもありますが、下がる可能性もあります。

金利が下がれば、とても有利な金利タイプだといえるでしょう。

ちなみに、返済額が上がる場合には、前の支払額に対して最大1.25倍です。

【ミックスタイプ】

こちらのタイプは、固定金利と変動金利もしくは、固定金利期間が異なる固定金利タイプ同士の組み合わせ等を選べる金利タイプになります。

【上限金利設定型】

予め設定された上限金利の範囲内で、金利変動があるタイプです。

中古住宅を購入する際には、勿論物件をしっかりと見る事も重要なのですが、この様に住宅ローンでも色々な選択方法があり、申込む時には選ばなくてはなりません。

これからの経済状態を充分に見据え、自分達にあう金利タイプを選択する様にしましょう!


TOPPAGE  TOP