中古住宅購入する場合の預金連動型住宅ローンとは?

新築・中古に限らず、高額な住宅購入には住宅ローンの利用は欠かす事が出来ません。

今や、たくさんの住宅ローンがある中で最近の住宅ローンには、金利が預金残高分化から無いという特長を持つ商品があります。

その住宅ローン商品を、『預金連動型』と呼ばれています。

その商品名は、『預金連動型スターワン(東京スター銀行)』や『スマート住宅ローン(HSBC)』等があります。

これら商品は、家族の万が一に備えていた纏まったお金(進学・病気等)を口座において置きたいと考えている方には、とても有利な商品です。

例えば、住宅ローン2000万円があり、500万円の預金残高があるとします。

この場合、500万円分の住宅ローン残高には金利が0という様になり、残金1500万円分に金利が掛かるという仕組みです。

確かに、トータルで考えると預金残高によっては有利な商品です。

しかし、デメリットもあります。

ローンの金利が高めだったり、普通預金に金利が付かない等、必ずしも御得だとは言い切れませんので、注意が必要になるでしょう。

良い目安としては、預金がローンの半分以上あると良いでしょう。

また、預金がローンと同額あれば、住宅ローン控除(税金)の適用を受け、しかもローン金利を支払わずに済ます事が出来ます。

最近の住宅ローンでは、上記以外にも女性専用集住宅ローンや優遇金利が付いているもの等など、色々な商品があります。

たくさんの選択肢がありますので、検討はじっくりと行い、最もご自身が御得で使い易い物を選ぶ様にして下さい。

上手く住宅ローンを選べれば、何百万円もの節約が全体で出来るでしょう。

中古住宅を購入する為には、物件をしっかり選ぶ事も大切ですが、住宅ローンの選択や資金計画も重要になってきます。

じっくりと慎重に検討し、自分に合う住宅ローンを選択してください。


TOPPAGE  TOP