住宅ローン 繰り上げ返済の良い点と悪い点

新築・中古に限らず、住宅を購入する際には殆どの方が住宅ローンを利用されるかと思います。

しかし、その返済が家計に大きく影響を及ぼしてしまうのです。

住宅ローンにだけではありませんが、返済額の内返済期間の初めの方が多くの利息金額となってしまい、返済期間が終わりに近付くと利息は少なくなっていきます。

その為、返済期間の早い時に繰り上げ返済を行う事で、元金+利息の負担額を大きく減少させる事が出来るのです。

この事から、住宅ローンを借り入れている多くの方は、早めに繰り上げ返済を行おうとする傾向があります。

繰上げ返済方法には二通りあります。

一つ目は、『期間短縮型』という返済期間を短くする方法です。

こちらは、余裕資金がある場合に行う事で、支払額全体を減らす事が出来ますが、毎月の返済額は変わりません。

二つ目は、『返済額軽減型』という毎月支払う返済額を少なくする方法です。

こちらは、毎月支払う返済額を減らしながら、余った分を貯蓄へと回す事が出来ます。

その為、貯蓄をして余裕資金が貯まれば、繰上げ返済に再び回す事も可能となります。

これら繰り上げ返済方法をどちらの方法にすると良いのかは、ライフプランやその時の経済状況を考慮しつつ決定する様にしましょう!

あまりにも繰り上げ返済を急いでしまい、殆どの貯蓄残金がない様な無理な返済をしてはいけません。

何故なら近頃、景気の急激な悪化等で給料が下がってしまい、貯蓄すら出来ないばかりか住宅ローン返済も困っている方もいらっしゃるでしょう。

万が一、子供の進学資金や急な病気等で、お金が早急に必要になる場合もあります。

手持ちのお金が無く、教育ローン等に頼る事は簡単ですが、ある意味住宅ローンよりも高い金地で借り入れる事になってしまう恐れがあります。

そして、家庭の負担もドンドン増えていく事でしょう。

また中古住宅購入では、リフォーム等の出費も考えなければなりません。

この事から、無理のない範囲での繰上げ返済と行う事が大切です。


家庭菜園を始めませんか?


TOPPAGE  TOP