住宅ローン大幅控除額!!住宅ローン控除とは?

皆さんはご存知でしたでしょうか?

2009年より景気対策の一環として、大幅に住宅ローン控除額が増えました。

上手にこの住宅ローン控除を、中古住宅購入の際には利用し、確定申告を忘れないで税金返還をして貰いましょうね!

では、どの様に住宅ローン控除額が変更になったのかを下に纏めてみましたので、是非参考にして下さい。

●住宅ローン 年末残高限度額と控除率そして最高控除額●

平成21年1月1日~平成22年12月31日迄

5000万円

【控除率】

《一般住宅》1%【最高控除額】500万円

《認定長期優良住宅》1.2%【最高控除額】600万円

平成23年1月1日~平成23年12月31日迄

《一般住宅》4000万円【控除率】1%【最高控除額】400万円

《認定長期優良住宅》5000万円【控除率】1.2%【最高控除額】600万円

平成24年1月1日~平成24年12月31日迄

《一般住宅》3000万円【控除率】1%【最高控除額】300万円

《認定長期優良住宅》4000万円【控除率】1%【最高控除額】400万円

平成25年1月1日~平成25年12月31日迄

《一般住宅》2000万円【控除率】1%【最高控除額】200万円

《認定長期優良住宅》3000万円【控除率】1%【最高控除額】300万円

※全ての控除率は、住宅ローン残高に対する比率です。

また、控除期間は10年間となっています。

但し、この控除には対象となるものとならないものがあります。

対象になる中古住宅は、一般的には築20年以内で耐火建築物の場合は25年以内、床面積50㎡もしくは、地震に対する安全基準に適合している物件に限られています。

築年数が、あまりにも古い等の条件に満たなかった場合もありますので、注意する必要があります。

折角購入するのですから、中古住宅購入を考えているのであれば、この控除対象物件であるかどうかの確認もしっかりと行いましょう!


TOPPAGE  TOP