中古住宅を利用するリノベーションとは?

古くなってしまぅた住宅設備を建替えする事無く、改修前以上の機能充実を大幅な改修によってさせ、付加価値を付ける事が『リノベーション』と言います。

では、具体的な機能充実とはどの様な物なのでしょうか?

例えば、外壁補修や間取り変更、耐震・耐火性強化、給排水設備の改修、IT機能充実等です。

皆さんがよく知っているリフォームの目的は、機能の維持であるのに対して、リノベーションの目指すものは、それ以上の充実した機能です。

このリノベーションは、修繕を大幅に行いますので、その修繕工事中に防水や配管設備の状態までもよく分かるのです。

もし、その際に欠陥が見るかれば、一緒に修繕する事が出来ますので、住まいを安心な作りとして出来ます。

安い値段で中古住宅を購入し、住宅購入に当て様と思っていた費用をリノベーションに使用し、住まいを快適な環境へと作り出す事も可能なのです。

また、物件でリノベーション後のものを購入する事も可能です。

更に、大きな影響力がこのリノベーションはあるのです。

環境保護の面から見ても、古い住宅を壊すという今迄のあり方では、廃棄物も大量に生み出してしまう結果になります。

しかしリノベーションでは、大切に中古住宅を利用し、エネルギーや廃棄物を減らす事が可能です。

現在の中古住宅では、良い物を大切に長く使用する事が求められているのです。

安い値段で中古住宅は購入出来るのですが、新築物件よりも立地条件や広さを優先する事が出来ます。

この事から、自分達である程度の修繕を行う事により、費用も浮かせる事に繋がります。

この様に、良い点ばかりを伝えていますが、実際リノベーションはお金も時間もリフォームより掛かってしまいます。

・・・という様に、まずは自分がどの様な物件に住みたいのか?

また、どの位費用が掛かるのかも考慮しながら、住宅選びを行いましょう!


TOPPAGE  TOP