中古住宅の誇大広告には気をつけましょう!

不動産(新築・中古等の住宅、土地等)を購入する際には、その不動産やサービスの内容・価格等が、実際の物より優良または有利であると購入者に誤認させる様に表示した広告には注意しましょう!

次の挙げる用語は、実際の物に基づいていない限りは原則として使用する事が出来ません。

●万全・絶景・絶対・完璧・完全等●

全く欠ける事が無いという意味合いの表現

●超・抜群・至便・業界初・日本一・当社だけ等●

他の物件や会社と比べて優れているという意味合いの表現

●厳選・特選等●

一定基準で選ばれた物を意味している表現

●最高級・最高等●

用語として最上級であるという意味の表現

●破格・格安・掘り出し等●

用語として価格が凄く安いという意味の表現

●完売等●

用語として高い人気があり好調な売れ行きであるという意味の表現

※『完売御礼』や『即日完売』と表示されている場合には、事実確認が出来る証明資料も提示されている必要性があります。

●日当たり良好等●

実際の物件よりも優良であると誤ってそれと認めさせる表現

※最寄り駅までの道のりではなく、直線距離で表示している場合。

※『将来値上がり確実』を表示している場合。

※売却を実際する訳でもない良い物件を表示しつつ、それよりも条件が下回る物件販売を実際行っている場合

上記3点に関しても同様です。

これらの他にも、『最建築不可』等などの条件表示しないまま、購入者へ安い物件であると思い込ませる様な広告にもご注意下さい。

また、イメージイラストや写真等に惑わされない事も大切でしょう。

中古住宅の購入を考えている場合には、広告記載事項の真意をよく理解せずに受け入れたりせず、記載してある事項のチェックをする様にしましょう。

そして何より、分からない事は質問する事が大切です。

更に、やはり物件を自分の目で確かめて、自分なりに判断する事が重要視されます。


TOPPAGE  TOP