中古住宅購入で確認する点とは?(マンション編)

一般的に中古住宅と言えば、マンションと一戸建て住宅の事を言います。

こちらでは、中古マンション購入に当たり、その物件を選ぶ時に知っておくと便利な確認する点を紹介させて頂きます。

【大規模修繕と修繕積立金について】

マンションは、修繕が定期的に必要となります。

大規模修繕を行うのは一般的に、10~15年位に1度行う事が必要となっています。

その為、居住者は修繕を行う際に必要とされる費用を、予め積立金という形で支払う事になります。

但し、あえて修繕積立金を証しないで、管理費と一緒に集金される場合もあります。

この修繕積立金で修繕を行った際に発生した費用を賄う訳ですが、もしかすると修繕に必要とされている資金が足りない場合もあります。

その場合には、不足分を徴収されてしまう恐れもあり、その金額は数十万円にものぼる事があるそうです。

この様な事態を未然に防ぐ為にも、購入前にはどの位の積立を行っているのかを不動産屋に問い合わせておきましょう。

【管理組合と管理費について】

必ずと言っていい程、マンションには住民で組織される管理組合があります。

この組合の存在により、マンション修繕や管理費積み立て、住民意見を纏める等に関係しています。

マンションの管理では、管理会社へ業務を委託している管理組合と、管理組合で行う自主管理があります。

殆どのマンションでは、業務を管理会社へ委託している場合が多い様です。

但し業務委託している分、マンションの管理費が高くなってしまいます。

しかしながら、細々とした事務や交渉(マンション修繕等)等を行わなくて済むという良い点はあります。

この事から、中古マンション購入後は管理費を支払う事になりますので、いくら位の管理費が必要なのかを事前に確認しておきましょう。

また、車を所有している方であれば、この管理費にプラスして駐車場料金も必要となります。

その為、住宅ローンの他にもこれら支払いも必要になる事を考えておきましょう。

この様に、一戸建て住宅の購入と違い、中古マンション購入の場合には異なる点があります。

購入してしまってから、色々なトラブルにならない様にする為にも、充分な確認が必要となってきます。


TOPPAGE  TOP