中古住宅を購入する場合のチェック点!容積率と建蔽率

皆さんは知っていたでしょうか?

例え、土地があるからと言っても、勝手にその土地に自由な大きさの家を建てる事は、法律上禁止されているのです。

不動産の広告には、容積率や建蔽率という用語が必ず記載されています。

この容積率や建蔽率は、土地利用の制限に掛かる重要な用語となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

ちなみに容積率や建蔽率が法律違反していると、住宅ローンを組み事が出来ない場合もあります。

その様な事態に陥らない為にも、中古住宅の購入を考えるのであれば、しっかりと確認しておきましょう。

【容積率】

敷地面積に対しての合計床面積割合を示した数字です。

この割合が大きい程、高い階層の建物が建築出来る事になります。

その為、容積率制限が住宅地域では厳しく、逆に商業地域では緩くなっているのです。

ちなみに敷地面積が100㎡で、1階70平方メートル、2階50㎡であれば、合計床面積は120㎡となります。

その為、容積率は120%となります。

※この場合の建蔽率は70%です。

【建蔽率】

敷地面積に対しての建物が建っている部分の面積=建物を真上から見た時の面積(建築面積)の割合を示した数字です。

建蔽率は、用途地域毎に通風・防火・避難路等を考慮して決定されます。

例えば、土地で建蔽率70%の制限がある場合なら、100㎡の敷地面積の場合は建物を70㎡建てる事が可能です。

現在、中古住宅の購入を考えてパンフレットや不動産広告を見ると、この様なたくさんの用語が出てきます。

不動産業者に任せっきりにしたりせず、しっかりと自分で用語を把握し、物件確認をして下さいね。


TOPPAGE  TOP