中古住宅購入に必要とされている諸費用とは?

一般的に、新築住宅購入よりも中古住宅購入の場合には、安値で手に入れる事が出来ます。

しかし、やはり何千万円もの大きな買い物をする不動産購入です。

それに掛かる費用も、大きくまたなっていまいます。

では住宅購入するには、一体どの位の費用を準備する必要があるのでしょうか?

こちらで、それら費用について少し纏めてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。

まず、住宅購入する際には、物件費用の他に税金や手数料等の支払いもあります。

これらは諸費用と言います。

中古住宅の諸費用は、物件価格の5~10%が必要となります。

例えば3000万円の物件であれば、諸費用が150~300万円必要になるという事です。

その事からも分かる様に、諸費用金額も高額になりますので、資金契約はそれら諸費用も含めて考える様にしましょう。

【仲介手数料】

物件を不動産会社の仲介によって購入する場合には、殆ど仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介手数料の上限は、物件購入価格×3%+60000円となっています。

例えば、物件価格が3000万円であれば、仲介手数料は96万円が上限となります。

ちなみに、この仲介手数料の引き下げ交渉は可能となっています。

【税金】

印紙税(売買契約書添付用)、登録免許税(建物・土地を登記する為に掛かる税金)、不動産所得税(建物・土地取得に掛かる税金)の支払いもあります。

土地に関しては消費税は掛かりません。

しかし、建物購入代金や仲介手数料、司法書士への報酬金には、消費税(5%)が掛かります。

但し、事業者の売主ではなく個人からの購入だった場合には、建物に対する消費税は掛かりません。(不動産会社の仲介含む)

【司法書士への報酬】

抵当権登記、物件登記等に関する司法書士への報酬金支払いも必要となります。

この他にも、諸費用費用として住宅ローンに関しても必要となります。

この様に、中古住宅購入に関しては、これら諸費用も物件費用の他に必要となりますので、それら金額も含めての購入を考える必要があるでしょう。


TOPPAGE  TOP