今とても注目されているリフォーム目的での中古住宅の購入とは?

現在の日本は、大変景気不況に陥っています。

その為、新築住宅を購入するよりも中古住宅を安い値段で購入する事に注目が集まっている状況です。

しっかりとした住宅構造で、管理もキチンとされていた中古住宅であれば、新築住宅購入よりも価格の面だけではなく、住宅の広さの面等でも多くの良い点があります。

近年の傾向では、広い家屋に住んでいた高齢者が、楽な管理で済むマンション等に住み替える方が増えています。

その為、本来高額で購入する事が出来ない様な広い一軒家であっても、中古住宅であれば購入する事も出来るのです。

今は、新築マンションの売れ行きが不振になっています。

しかしながら、中古マンションの売れ行きはとても良いのです。

中古マンションなのですが、やはりリフォームを完全にされている新築同様の中古マンションが、とても人気があるのです。

この新築同様の中古マンションの事を、『リノベーションマンション』と言います。

状態としては、高い機能を持ったマンションとして、リフォーム前よりも素晴らしく生まれ変わり、安値の中古物件であっても、充実した機能が備わっている事で注目を浴びているのです。

また中古住宅の中には、官公庁オークションで販売される物もあります。

一口に中古住宅と言っても、イメージ的にただ単に古いというだけの物件から離れたものも多く扱われているのです。

更に、税制改正により2009年から住宅ローン控除額が引き上げられましたので、税制面でも御得になりました。

ただ中古住宅と言っても、一戸建て住宅と集合住宅(マンション等)があります。

その為、しっかりと家族そして自分自身の生き方にあった物を検討し、どの様な中古住宅を購入すると良いのか等、自分の目で見て決める事が大切です。

そして一番大切な事ですが、折角家やマンションを購入しても、返済出来なければ意味がありません。

キチンとした返済計画を考えて、自分が購入出来る価格を知りながら、予算を組む事が必要でしょう。


TOPPAGE  TOP